駐車場を増設する時に注意することは何ですか?

 時間が経つと生活スタイルも変わっていきますよね。それに伴って外構エクステリアの使い方も変わっていきます。例えば、お子さんの成長とともに、荷物が増えて物置が必要になったり、かわいいペットを迎えて柵が必要になったり、自転車が増えて置き場が必要になったりと。新築の時と比べて、生活スタイルが変わるのは当然ですね。

 今回はおそらく事情により、現在の駐車場では足りなくなったのでしょう。新しく駐車場を完備して、より多くの車が止められるようにしたいということだと思います。

 実は新築の時に新しくつくる駐車場と、後々増設する駐車場とでは、全く考え方が違います。もっと言えば、増設する時の駐車場は、新築の時と違い、様々なことに注意しておかなければ後悔する可能性があります。
 
 例えば、いかにも後付けしたような異質感のある駐車場になったり、非常に窮屈で車の出し入れがし辛い駐車場になってしまう事例は後を絶ちません。このような後悔する駐車場になったのには、そもそも間違った駐車場計画に原因があります。

 そこで、松江市で増設する駐車場の計画における注意点を説明していきましょう

駐車場の仕上り具合を予め決めてあるか

 

「玄関を見るとその家に住んでいる人が分かる」とよく言います。いまや、駐車場こそ、表の一番見える場所に作ります。つまり、住むご家族のイメージを判断されている場所は、駐車場なのです。

 なので、取ってつけたような継ぎはぎだらけの駐車場になるとだけは、避けなければなりません。駐車場は家の顔として、周囲のイメージと調和したデザインになるよう十分に気を使う必要があるのです。

 そこで、予め仕上りを想定して計画を立てましょう。プロの業者さんと相談する時も、仕上がりはどうなる予定かをしっかりと打ち合わせておきましょう。

綺麗な仕上がりの増設駐車場

駐車場サイズは、周囲を考慮して計画されているか

 駐車場のサイズは、だいたい決まっているので、幅2.5m奥行5mあれば大丈夫でしょう・・というのは大間違いです。実は駐車場はつくる場所によって、最適なサイズが全く違います。サイズを誤れば、不便で不快な駐車場を使い続けるはめになります。

 車の前進駐車とバック駐車とでは、タイヤの通る場所が違うことはご存じのことと思います。また、右に曲がる時と左に曲がる時の運転席からの見え方も違います。それゆえ、駐車場の位置や隣接道路の幅によって、最適な駐車場サイズも違ってくるわけです。

 つまり、駐車場の状況や周りの環境によって、停めやすさが全く違うので、周囲の環境に合わせて駐車場サイズも変える必要があるのです。

アプローチを駐車場に増設

既存を壊す際は計画的に検討しているか

 駐車場の増設は、お庭の一部を壊わして作らざるを得ないことも多々あります。そのような時は壊す際の計画も検討して損のないようにすることをおすすめします。

 なぜならば、壊したものの中に再利用できる材料があるかもしれないからです。再利用できれば費用削減のみならず、地球にやさしいエコにつながります。よって、計画時から再利用できないか創意工夫する必要があるのです。

レンガを粉砕して砂利利用

 駐車場増設は、様々なパターンがあるので、簡単にサイズを決めたり形を決めるのはおすすめできません。現地を十分に検証して、専門家に納得のいくまで相談することをおすすめします。

 松江市や出雲市、大田市、雲南市おても、最近はお洒落な駐車場が非常に多くなりました。デザインはもちろん大事ですが、実際の使い勝手も重要です。

 一度工事をしてしまうと、再工事に大きな費用が掛かりますし、使いにくい駐車場は事故の繋がります。ストレスを増やさないためにも、事前に充分な計画時間をとりましょう。

お名前 必須
Eメール 必須
住所 必須
ご質問・ご相談内容 必須
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事を書いた人