見た目が良くて価格は安い外構エクステリアの工事は可能?

 外構エクステリア工事の価格は、お店によっても違いがあると思いますが、費用として掛かっているものがいつくかあります。それは、例えばケーキであれば、材料とパティシエの技術とパッケージに費用が掛かっています。どれも必要なので、抜かすわけにはいきません。


 同様に、安全で見た目もよい外構エクステリアを望むのであれば、最低限必要な費用があります。まずは、何に費用が掛かっているのかを知ることが重要です。その上で、価格を抑えるサービスもご紹介します。

 それでは、外構エクステリアに必要な費用は何に使われているのかを説明しましょう。

外構エクステリアにかかる費用①設計デザイン

 

 1つ目が設計デザインです。設計デザインはご家族の家に合わせたものをプロのデザイナーが作成します。いわゆる見た目がこの設計デザインで決まります。設計デザインは単なる見た目だけでなく、使い勝手や動線などの利便性も含まれます。

 家の建築でも同様に、最初に設計をします。設計した図面をもとに実際に建築がなされなす。外構エクステリアも設計デザインがあって、初めて工事が可能となります。
 よって、設計デザイン費用は欠かすことのできない費用なのです。

外構エクステリアにかかる費用②求める機能

 2つ目が求める機能です。外構エクステリアにどんな機能を求めるかによって価格が変わります。風よけや雨除けが必要ならば、その機能を持ったアイテムを取り付けなければいけません。それが費用に影響します。

 最近は毎年メーカーが新しい機能を持った外構エクステリア製品を発売しています。求める機能が高いほど価格は上がりますので、その点を踏まえて求める機能を明確にしておく必要があります。

外構エクステリアにかかる費用③使う素材

 3つ目が使う素材です。外構エクステリアで使う素材はたくさんの中から選択できます。例えば、砂利もたくさんの種類がありますが、外国製の砂利は送料がかかっているため、高価となります。逆に地元で生産されている砂利を選べば品質は変わらず安い費用で使えます。

 素材は、広い面積になるとそれだけ沢山使いますので、費用への影響は大きくなります。素材の説明を十分に受けて、価格を見比べて選択するのがいいでしょう。


 ②機能、③素材は専門店に相談しながらご自身で選ぶことで価格を抑えることが可能です。しかし、①の設計デザインは選んだりやめたりできないためコントロールができません。

 しかし、オートクチュールで設計デザインするのではなく、ある程度カタログで設計デザインされたものを選ぶことができるサービスも発売されています。予めデザイナーが設計デザインしているものを選ぶため、設計デザイン費用が低く抑えれており、非常にお得になります。特に松江市、出雲市、大田市、雲南市の新築外構の方にはお得です。

 このように外構エクステリアにかかっている費用を知っておいて、その上で専門店と価格の相談することで、お得で費用を抑えた見た目の良い外構エクステリアは可能となります。

お名前 必須
Eメール 必須
住所 必須
ご質問・ご相談内容 必須
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事を書いた人