目隠しフェンスに必要な高さはどれくらいなの?

目隠しフェンスは、その名の通り視線を妨げる必要があります。よって、目隠しする場合は、境界を明確にするためのフェンスよりも当然背が高くなります。

では、どれくらいの高さがあれば目隠しの効果があるのかということについて、ここで考える視点は2つありますので、説明します。

外からの視点を重視した場合

例えば外の道路を立って歩いている時の視点です。身長170㎝の人の目は、大体160㎝のところにありますから、単純に考えると160㎝のフェンスがあれば、目隠しの効果が発揮できると考えます。

もちろん、無理に見ようと思えば背伸びでもして見ることができますが、目隠しフェンスは歩行中に目が合わないようにする程度という前提で考えていますので、完全に視覚を妨げるには高い塀などの別の方法がいいでしょう。

ブロック塀の事例
背より高い目隠しフェンス
背より高い目隠しフェンス

とはいえ、フェンスの良さは、ブロック塀などとは違い、程よい風通しと光通しがあることですね。その点、どこを重視するかによって検討を重ねていくのが良いでしょう。

中からの視点を重視した場合

家の中は高くなっている

家の中からの視点を考えると、家の床は地面よりも50㎝程度高くなっています。つまり、地面からは2m以上の高さになっています。よって、フェンスを高くしないと外の人と視線が合ってしまいます。

とはいえ、2mのフェンスはかなりの高さとなります。道路から見るとそびえ立つような迫力でしょう。家の中が丸見えにならない程度と考えると、そこまで高くする必要はないかもしれません。

家の中で座ってくつろいでいる様子が丸見えにならない程度と考えると、フェンスの高さは150㎝~160㎝程度あれば十分ですね。


目隠しフェンスの考え方として外と中の2つの視点を説明しましたが、実際は高低差や、距離により見え方がまったく違ってきます。

なので、現地で実際に見ながら高さを設定するのが最も良いでしょう。

なお、最も選ばれている目隠しフェンスの高さは、150㎝と160㎝です。

また、フェンスの高さが高くなると費用も高くなります。特に風の強い場所は、フェンスが高くなると風の影響を受けやすくなりますので、それだけ、大きな基礎が必要となります。価格面も考慮してフェンスの高さを検討する必要があるでしょう。

お名前 必須
Eメール 必須
住所 必須
ご質問・ご相談内容 必須
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事を書いた人