庭のモミジがきれいに紅葉しないのはなぜですか?

 写真は京都の瑠璃光院です。
漆塗りのテーブルに映って、とてもきれいですね。紅葉はこれからが本番というところでしょうか。

 さて、去年モミジを植えられて、今年はきれいに紅葉しなかったとうことですが、早々に葉が茶色くなっていったのでしょうか。

京都瑠璃光院の漆机に映った見事な紅葉

十分な養分あってこその紅葉

 実はモミジの紅葉は、気温の低下に反応して葉の緑色の細胞が壊れることで起こる現象です。

 緑色がなくなると、残った赤色と黄色の成分が目立ってくるわけです。
どちらの成分が多いかで赤くなったり黄色くなったりします。だから、冷気が当たりやすい上部から紅葉が始まるのです。逆にいえば、しっかりと養分を吸い上げて、葉に充分な栄養分がないと紅葉が見込めないということになりますね。

真っ赤に紅葉したモミジの葉
真っ赤に紅葉したモミジの葉

 紅葉が見込めるのは、経験的に大体植えてから3年以降ですね。おそらく、去年植えたばかりだと、根も十分に伸びていないため、葉に充分な養分が送り込めず紅葉もきれいではないのでしょう。
 ということで、あと2年ほど待ってみてください。さて、以上の3つの観点から土の状況をみると、庭木が育つ環境かどうかが明確になります。
 大田、雲南、松江、出雲は紅葉が期待できます。秋から冬場の紅葉狩りに是非出かけてみませんか。

お名前 必須
Eメール 必須
住所 必須
ご質問・ご相談内容 必須
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事を書いた人